読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「好き」が歪

彼らに対する歪な「好き」と「恋」と「愛」を綴る

NEVERLANDへのチケットと共に、懐古の旅に出ました

はじめてブログを書きます。

いつもはツイッターに支離滅裂な言葉を叩きつけて終わりだったわたしですが、文章にしないと居ても立っても居られない!そんな気分に流されてあれよあれよとブログ開設しました。

 

何故このタイミングかというと、単純に懐古厨な自分に対する戒めが目的です。

「今のNEWSももちろん大好き、だけど…」なんていう誰に対しても失礼な自分の考えを、いつかこの悪癖を終わらせたい。

吐き出して、読み返して、いつかは絶対に終わらせます。いつになるかは分からない。

 

わたしはジャニオタです。

嵐、NEWS、関ジャニ∞を中心に、時たま他グループのかわいい子を愛でる、そんなおたく。

はじめて好きになったジャニーズはNEWSの手越祐也くん。

ぴちぴち10代手越くん、それはそれはかっこよくてかわいいものでした。今もだけどね。

こんなにかわいいのに、あんまり前に出てこない…勿体ない…そんなイメージ。NEWSは全体的にキラキラしてて、曲もキャッチーで、一気に落ちていきました。

そして2グループ掛け持ち中という錦戸亮くんと内博貴くんを追いかけて、同時期に関ジャニ∞にドボン。同じジャニーズなのにこんなに違うの~~!?と深みにはまった。

そして嵐に落ちるよ!言わずもがな!そして大本命はここに落ち着きました!

 

SMAPとか、TOKIOとか、タッキー&翼とか、修二と彰とか、あまりテレビを見なかった(見せてもらえなかった)幼いわたしでも、聞いたことのある、見たことのあるジャニーズはいっぱいいた。でも当時のわたしは、それが「ジャニーズ」だということを知らなかった。何ならかっこいい男性芸能人はみんなその「ジャニーズ」なんだと思っていた。

(水嶋ヒロってジャニーズじゃないんだ…じゃあ歌って踊ってない生田斗真もジャニーズじゃないんだね!あれ?)

 

そうしてずぶずぶとジャニオタになっていったわたし。

小学校の頃は周りはみーんな嵐ファンだった。だから友人には言えたけど、家族には自分の口からは言えなかった。「ジャニーズにはまったの」って言うのがどこかで恥ずかしかったんだと思う。

でも、音楽番組もバラエティもメンバーが出てたドラマも、家族共有のテレビで録画して見てたんだから気付かないわけがない。そこで母の神の声。「嵐の10周年DVD、買ってあげようか?」

あんなにも母に感謝したことは今だかつてなかったかもしれない。

ジャニーズなんか全然興味なかったのに、ファンクラブも入らせてくれた。ありがとう。

「何にも好きなものがなかった娘が初めて夢中になるものを見つけた、応援しないと」って思ったらしいんだけど、言われるちょっと前から夢中にはなっていたんだ。ごめんね。

 

そんなこんなで充実したジャニオタ生活。

NEWSは好きになってすぐに内くんが消えたしそこから間もなく草野くんも消えた。NEWS自体も消えたりした。それでもちゃんと復活してくれたし、この先何があっても絶対に応援する!って思った。

そして美世界が発売された頃には母は嵐ファンになっていて、一緒に応援してた。

いろんなグループをたくさん追い駆けて、すっごく楽しかった。2011年まで。

 

そんな2011年。

山下智久くんと錦戸亮くんが、NEWSを脱退することになった。

 

何にも考えたくなかった。

関ジャニ∞とNEWSを掛け持ちしていた錦戸亮くんが忙しいことなんて分かってたし、ぶっちゃけいつかこんな時が来るんだろうなって思ってはいた。

でも、彼が一緒に抜けることは考えてなかった。せめて、彼だけは残ってよって。いなくならないでって思った。一ファンが何を言おうが思おうが変えられない事実だったんだけど。

 

大好きだったものがばらばらになって、名前を聞かなくなって、わたしはこの辺りのNEWSに関する記憶がない。

 

人間って本当にショックを受けると記憶を改ざんできるのかもしれない。

わたしは2年くらい前まで、NEWSに関する記憶がすっぽり抜け落ちていた。冗談でなく。

 

誰かに「NEWSが好きなんだよね」って言われても「ふうん」としか思わなかったし、「シゲが好き!」って言われても「ああ、いたっけそんな人」くらいの認識だった。

あんなに大好きだったグループの記憶が、物凄くおぼろげ。あとこの時期関ジャニ∞山下智久くんのこともまともに見られなかった。何があっても応援するとか言ってたくせにね。

 

それでも手越祐也くんを追いかけることはやめられなくて、彼だけはずっと見ていた。

4人が活動していない間、NEWSとファンを繋いでくれていた(とわたしは思ってる)テゴマスの活動もずっと見ていた。そしてそれでも埋まらない空いた穴に、嵐をがつがつと詰め込んだ。

 

そして何やかんやあり月日は流れ、わたしは初めてNEWSのコンサートに行った。

4月10日、QUARTETTOエコパアリーナ公演。

誘ってくれたのは高校の同級生。KAGUYAか四銃士?くらいからNEWSにはまった子。

今のNEWSを本当に好きな人を誘った方がいいって思ったんだけど、好奇心に負けて参戦。

 

そこにいたのはもうわたしの好きだった6人じゃなくて、4人だけのステージと、新しい曲ばかりのセットリスト。衣装も何だかイメージが変わったなあ。

懐かしい曲にもう2人のパートはなかった。でも4人のものになったそれもとても素敵だった。ドキドキしたし、凄く楽しいコンサートだった。

 

ちゃんと「NEWS」というグループだった。

 

家に帰って、余韻を噛み締めた。眠れなかった。

わたしの中で、今まで真っ黒に塗り潰されていた「NEWS」の文字が、ちょっと見えてきたきっかけだったと思う。

「やっぱりこのグループが大好きなんだ」って実感したコンサートだった。

 

わたしの中で、NEWSというグループの時間は2011年で止まっていた。

ぶっちゃけ今も途切れ途切れではあると思う。立ち止まり振り返り涙する時間が長過ぎる。

でも、ちゃんと好き。

 

わたしは一番しんどい時期から逃げ出したダメなファンです。

挙句、未だに引きずっては懐古して自己嫌悪するめんどくさい女です。本当になんて害悪な存在なんだと自分でも思う。

(そして今思えば、山下智久くんが一人残ったってNEWSはどうにもならなかったと思う)

 

そして、タイトルの話になる。

NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND

運良くオーラス当選しました。やるじゃんわたしの名義。嵐じゃさっぱり役立たずなくせに。

もうあと一か月もしないで始まるんですね。
ちょっとわたしとNEWSさんとの解釈違いがあったみたいで、メルヒェン~ゆめかわ~ネバーランド!みたいな曲じゃなかった。参戦服考え直さなきゃ…。